フスフレーゲとは | ドイツ式フスフレーゲ・はぁと

フスフレーゲとは「足の手当」といいます。
ドイツのフットケアの歴史は古く17世紀頃からフットケアを専門とする技術者がいました。
ドイツでは足と靴はいったいであると考え、幼少時代から正しい歩き方・足のあった靴の知識を身に付けるいいます。
足に合わない靴やかかとの高いヒール靴などを履くことで足のトラブルを引き起こしてしまします。
合わない靴を履くことで足裏のアーチが乱れてしますのです。

~足裏アーチとは~

足裏アーチとは、親指の下・小指の下・かかとを三点で結んでできたところです。
足裏アーチが乱れることで、出来てしまうのが角質・魚の目・タコ・外反母趾・巻爪などによる
トラブルです。これらの改善には、正しい姿勢・正しい歩き方、また足に合った靴を選ぶことが重要です。


会社名を入力します。

テキストが入ります。

検索

ページの先頭へ