福祉ケア | ドイツ式フスフレーゲ・はぁと

福祉ケア

~福祉分野で足のケアが重要視されています~ 

私がドイツ式フットケアと出会ったのは、介護職に就いているときに多くのお年を召された方が何らかの足のトラブルを抱えて悩んでいる多さに驚き、トラブルを根本的な部分から改善することはできないかと考えたのがきっかけでした。
ドイツやフィンランドの国では、高齢者のかたが日常的にフットケアを受けています。

足浴に関しては、末梢神経の活性化・下肢循環の改善につながり、リフレクソロジーでは、足を揉むことで体全体の機能が向上し、基礎体力が向上するといわれています。
また、血行促進やリンパの流れがよくなり、冷え・むくみ・しびれ・倦怠感 が改善されます。    
角質ケアでは、肥厚した角質・魚の目・タコを取り除くすることで痛みや足裏感覚が改善され、立位・歩行能力の維持も期待できます。
施設等で行われる自立にむけた機能訓練をトラブルを抱えたまま行っても、角質・魚の目・外反母趾・巻爪などによる痛みでしっかりとした歩行もできません。
例え、足の筋肉を鍛えても足部(足首から足先)がしっかりしていないと、立って歩くことはできないのです。
足のケアを定期的に受けることで、自分の足でしっかり立って歩き健康を維持することができるのです。

ドイツ式フスフレーゲ・はぁとでは自立した生活と健康に過ごすためのお手伝いをさせていただきます。

会社名を入力します。

テキストが入ります。

検索

ページの先頭へ